【追及】なぜ6号機ジャグラーは勝てないのか?5つの原因を解説

【追及】なぜ6号機ジャグラーは勝てないのか?5つの原因を解説

いつの時代もジャグラー人気は衰えず、スマスロが登場した現在もジャグラーを置いていないホールは見かけません。

しかし、ジャグラーと言えば地道に出玉を伸ばしていくゲーム性で、スマスロのような爆発性はないことから、「ジャグラーは勝てるのか?」と疑問に思う方が多いそう。

ということで今回は、現役ジャグラープロの私が「ジャグラーは勝てないのか?」徹底的に解説します。

本記事を読めば6号機時代のジャグラーは勝てるのか?勝てないのか?知ることができますよ。

運営者情報

kazuki
現役スロカス。ジャグラーが好きすぎて専門サイト「ジャグラーの極意」を作りました。【ジャグラーの勝ち方】を初心者向けに徹底的に解説するので、ジャグラーで勝ちたい人は必見です。

マル秘ノウハウ
note

6号機ジャグラーでも勝ち続ける、限りなく黒に近いグレーな戦術「ブラックハット戦術」を公開します。自分の利益のみを追求し、とにかくジャグラーで稼ぎたい人はご覧ください。(※一部、無料公開中)

また、ジャグラーで勝つための基礎的な部分もすべて解説するので、ジャグラー初心者から上級者まで、すべての人が満足できるような内容となっています

ジャグラーでとにかく稼ぎたい人は、下記の公式noteから当サイト限定ノウハウどうぞ。

目次

なぜ6号機ジャグラーは勝てないのか?原因は5つあります

  1. 高設定台を打てていない
  2. 適当なホール・台を選んでいる
  3. ぶどう確率に振り回されている
  4. 妥協して微妙な台を打っている
  5. やめ時でやめることができない

6号機ジャグラーで勝てない人には共通して原因があるのですが、それが上記の5つ。

1つずつ解説します。

①高設定台を打てていない

ジャグラーで勝てる金額は機械割で決められており、勝てないのであればシンプルに高設定台に座れていないということです。

AT機、ART機であればフリーズがあったり、多少の引きで低設定でも勝てることもあります。(長い目で見ればもちろん負ける)

しかし、ジャグラーはボーナスのみで増やしていくゲーム性であり、フリーズなどの大量出玉を取れる契機は何一つありません。

なので、ジャグラーで負けるのであれば、それは機械割の高い高設定を打てていないだけなのです。

ちなみに、ジャグラーの機械割については、こちらの【現行機種最強】6号機ジャグラーのおすすめ人気ランキング!機械割も公開をどうぞご覧ください。

また、もう1つ「低設定台に振り回される」も勝てない要因の1つです。

よくある話で、「高設定だと思ったらめっちゃハマった」というパターン。

これは高設定の可能性もあるのですが、ほとんどが低設定の高挙動台を打っていただけです。

ジャグラーはボーナスのみで出玉を増やすので、たまに引きが強ければ低設定でも勝ててしまいます。

具体的に、アイムジャグラーEXの設定1を8000ゲーム×20台まわした際のシミュレーションデータを見てみましょう。

アイムジャグラーEXのシミュレーションデータ
台数差枚数
1台目+2399枚
2台目-810枚
3台目+585枚
4台目-1228枚
5台目-2307枚
6台目-1648枚
7台目-1975枚
8台目-2026枚
9台目+2179枚
10台目-2688枚
11台目-757枚
12台目-412枚
13台目-1314枚
14台目-2190枚
15台目+677枚
16台目-1193枚
17台目+1900枚
18台目-1531枚
19台目-277枚
20台目-1045枚

機械割が100%を切っている設定1のデータですが、なんと5/20台がプラス収支。

ただ、これは低設定でも「勝っているタイミングもある」というだけで、確率は収束してどこかで負けます。

途中までいい挙動なのに、打ち続けると大きくハマる・負けるのは、設定1なら至極当然なのです。

以上、長々とデータを用いて解説しましたが、ここで言いたいのは「高設定を打たなければどこかで負ける」ということです。

②適当なホール・台を選んでいる

「適当」はジャグラーで負ける最悪の行動です。

なんども言う通り、高設定を打たなければジャグラーは勝てないのですが、一番最初に考えるべきはホール選びです。

というのも、設定をまったく入れないホールは、世の中にたくさんあります。

パチ屋が潰れまくっている現状を見るとわかる通り、パチンコ・スロット業界は規制の影響で客足が遠のき、かなり経営がきつい状況です。

なので、まずは高設定を入れるホールを探す必要があるのですが、ほとんどの人が家から近い適当なホールを選んで失敗しているのです。

こちらの【優良店】ジャグラーで勝てる店選び【設定を入れている強い店の特徴も公開】を読んでいただき、勝てるホールを選びましょう。

ホールを選べば次は台選びなのですが、ここも適当にしては勝てません。

しっかり勝てる台を選ぶ必要があり、適当にすればするほど勝てないです。

「適当はジャグラーで勝てない最悪の行動」と覚えておきましょう。

尚、台選びについては、こちらの【初心者向け】ジャグラーの台選びはどこを見る?【出る・勝てる・伸びる・当たりやすい台の特徴と狙い目グラフや選び方】を参考にしてください。

③ぶどう確率に振り回されている

設定判別要素の少ないジャグラーであるが故に、判別に使える「ぶどう」を意識しすぎています。

ぶどうに設定差が設けられており、小役カウンターでカウントしていくことは、ジャグラーを打つうえでは当たり前の作業。

「低設定の数値が出ているのであればヤメ。高設定の数値であれば、続行。」と言った感じでぶどうを使っている人がいますが、これがジャグラーで勝てない原因の1つです。

もちろん、ジャグラーを打つうえでぶどう確率は大事な設定判別要素ですが、ぶどう確率がどこまで正確で、どの程度バラツキが出るのかを知っていますか?

以下は、シミレーションツールで算出したアイムジャグラーEXの設定1ぶどう確率です。(※1万ゲーム×10台)

理論値1/6.02
1台目1/5.93
2台目1/6.11
3台目1/6.08
4台目1/5.77
5台目1/5.87
6台目1/5.95
7台目1/6.10
8台目1/5.96
9台目1/5.87
10台目1/5.91
設定1データ

設定6のぶどう確率は1/5.85と言われています。

しかし、シミュレーションデータを見ればわかる通り、4台が設定1にも関わらず設定6の数値を出しました。

4割がデータにバラツキが出るという結果になりましたが、これを知らずに「ぶどう確率を信じすぎてる人」が負けるのです。

確率の収束には1日では短すぎるので、ぶどう確率はあくまでも参考程度すべきなんですよね。

④妥協して微妙な台を打っている

高設定台が見つからずに、高設定の確率が低い台を打ってしまっている。

これはジャグラーで負ける原因で一番多い。具体的に微妙な台は何かというと、例えば1000回転しか回っていないけどREGが4回引けている台です。

ジャグラーで重要視すべきはREG確率であることは、ちょっと知識がある人ならご存じでしょう。

それが1000回転で4回も引けているのですから、確かに高設定の可能性はあるのかもしれません。

しかし、1000回転程度であれば、確率というものはバラついてしまいます。

なので、回転数が少ないジャグラーはどんなにREGを引いても、微妙な台なのです。

もちろん確率の収束には時間がかかるということはほとんどの人が知っています。

知っているのに、打てる台がないからと言って、こういう微妙な台を打っているんです。

妥協してしまう人

これがジャグラーで勝てない人の最大の原因である、「妥協して打つ」なんですよね。

そして大きく負けてしまい、気が付けば100万円近く負けてるという悲惨な結果に。。。

しかし、ご安心ください。100万負けでも、ジャグラーは捲れます。

具体的な方法は、こちらの【負けすぎ】6号機ジャグラーでボロ負け?10万~100万負けでも取り返せる!!をどうぞご覧ください。

⑤やめ時でやめることができない

「もう少し粘れば当たるかも?もう少し打てば確率が良くなるかも?」といった、”あと少し”で止めれずに、投資が止まらず負けていく人が多いです。

打つ前はボーナス合算が非常によく、REGもたくさん引けていたけど、打ち始めるとどんどん悪くなることはよくあることです。

自分の引きが悪いのか、前任者が低設定で引きが良かったのか、、、ジャグラーには明確なやめ時がないので、確かにいつ止めるかは難しいです。

これの解決策というか、適切なやめ時はというと、自分ルールを作るということです。

私の場合、マイジャグラー5であればREG確率が1/300を割れば止めます。

理由はシンプルで、マイジャグラー5のREG確率の設定差が大きいから。

しかし、ここでやめると、「高設定の引きが弱い台を捨ててしまうのでは?」と心配する人がいるかもしれません。

その心配は間違いです。高設定は捨てても構いません。一番問題なのは、低設定台を打つことです。

同じ状況を繰り返せば必ず低設定台であることの方が多くなります。

なので、低設定の可能性があって捨てた台が、実は高設定だとしても問題ないのです。

高設定の可能性が少しあっても、低設定の可能性が高い台はバンバン捨てましょう。

これを理解できずに、やめ時で止めれずに低設定台を打ち続けて、負ける人が多いんですよね。

尚、ジャグラーのやめどきについてもっと詳しく知りたい人は、こちらの【即やめNG?】ジャグラーのやめ時回転数を徹底解説!上手い人は当たった後のやめどきが明確!をどうぞご覧ください。

結局6号機ジャグラーは勝てないのか?結論、勝てる

勝てないと言われる6号機ジャグラーですが、結論は勝てます。

具体的に勝つ方法は、こちらの6号機ジャグラーの勝ち方・立ち回りをマル秘公開!本物の攻略法・必勝法・勝つ方法を暴露をどうぞご覧ください。

本項では、「勝ち方」の解説ではなく、「勝てる理由」を解説していきます。

さっそく理由の方ですが、勝てる理由は以下の3つです。

  1. 機種としての寿命が長い
  2. 多くの知識がいらない
  3. 機械割は109%まで維持されている

1つずつ深堀しますね。

①機種としての寿命が長い

①機種としての寿命が長い

ボーナスのみで増やしていくジャグラーの立ち回りは昔から変わらず、AT、ART機と違い、時代によってスペック・ゲーム性がガラリと変わることはありません。

今の世代だと、4号機、5号機あたりの台を打っていた人がほとんどでしょうが、ジャグラーで変わったことはボーナスの獲得枚数と機械割くらい。

それに比べて、AT、ART機は規制によって変更点が多く、中には数年で打てなくなる台や、新台でも不人気ですぐに姿を消す台が多いです。

ジャグラーとAT・ART機の変更点

なので、AT、ART機で攻略法や勝てる機種があったとしても、そもそも打てる時間は少なく、収支もそこまで上がらないのです。

つまり、長期的に勝ち続ける上で、AT、ART機では非常に不安定ということ。これは6号機時代を生きるあなたなら、痛いほどわかることでしょう。

ジャグラーとAT・ART機の比較

しかし、ジャグラーはご存じの通り、5号機時代から変わらないゲーム性でスロットの看板機種であり、置いていないホールを見たことがないレベル。

もちろんジャグラーも永遠に昔と変わらないゲーム性で存在するかはわかりませんが、6号機時代の今は変わることは無いでしょう。

そういった意味でもジャグラー人気は今後も続き、ホールも設定を入れてくれます。

そしてジャグラーの立ち回りを理解しておけば、長期間勝ち続ける事ができます

これが、6号機時代の今だからこそジャグラーを打つべき理由なんですよね。

②そこまで多くの知識がいらない

②そこまで多くの知識がいらない

ジャグラーは当たりの告知方法(GOGOランプが光る)を知り、ボーナス図柄(7とBAR)がどれかを知っていればOK。おばあちゃんでも打てます。

設定についていえば、ある程度回されている状態でREG確率が良ければ高設定に期待できます。厳密には他にもありますが、非常にシンプル。

しかし、最近のスロット台は、有利区間や新たなゲーム性の登場で、覚えることがたくさん。

AT・ART機は覚えることがたくさん

覚えることが多いということは、立ち回る際の悩みも多くなるということです。

悩みが多ければそれだけ思考は鈍り、間違った選択をする可能性は上がってしまいます。人間、失敗しない人は少ないですから。

しかし、ジャグラーならそもそも覚えることは少ないので、思考が鈍ることは少ないですし、その分間違いも少なくなります

故に、ジャグラーなら高確率で正しい立ち回りで打つことができるのです。

なので、ただでさえ勝てないと言われる6号機時代だからこそ、立ち回りで悩まないジャグラーを打つべきなんですよね。

③6号機時代でも機械割は109%まで維持されている

③6号機時代でも機械割は109%まで維持されている

5号機のマイジャグラーは機械割109.4%で、6号機時代のマイジャグラーVも同等の109.4%まで保たれています。

機械割109.4%だと、47枚交換で時給は4,884円。10時間打った場合の期待収支は48,480円となり、かなりのプラス収支となります。

これは5号機時代のジャグラーで稼げるマックスの金額(期待値)であり、6号機でも同等の金額を稼げるということです。

機械割が5号機時代と変わらず、6号機でも稼げるということが、今ジャグラーを打つべき最大の理由と言っても過言ではないんですよね。

ちなみに、こちらのジャグラーだけで生活できる?結論、副業で月5万、10万、20万は簡単のとおり、副業としても十分成り立ちます。

マル秘ノウハウ
note

6号機ジャグラーでも勝ち続ける、限りなく黒に近いグレーな戦術「ブラックハット戦術」を公開します。自分の利益のみを追求し、とにかくジャグラーで稼ぎたい人はご覧ください。(※一部、無料公開中)

また、ジャグラーで勝つための基礎的な部分もすべて解説するので、ジャグラー初心者から上級者まで、すべての人が満足できるような内容となっています

ジャグラーでとにかく稼ぎたい人は、下記の公式noteから当サイト限定ノウハウどうぞ。

まとめ:6号機ジャグラーは勝てない?いいえ、勝てます

本記事では、ジャグラーは勝てないのか?について解説しました。

結論、ジャグラーは勝てます。

むしろ、スマスロや6.5号機(AT機)と比較しても、圧倒的に勝ちやすいです。

ジャグラーが勝てないという人は、知識がないだけ。正しい知識を身に着ければ、必ずジャグラーは勝てますよ。

マル秘ノウハウ
note

6号機ジャグラーでも勝ち続ける、限りなく黒に近いグレーな戦術「ブラックハット戦術」を公開します。自分の利益のみを追求し、とにかくジャグラーで稼ぎたい人はご覧ください。(※一部、無料公開中)

また、ジャグラーで勝つための基礎的な部分もすべて解説するので、ジャグラー初心者から上級者まで、すべての人が満足できるような内容となっています

ジャグラーでとにかく稼ぎたい人は、下記の公式noteから当サイト限定ノウハウどうぞ。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次